日本が謝罪をすれば賠償要求を撤回? 韓国側のあり得ない提案について考える

歴史
この記事は約2分で読めます。

韓国側の報道で、徴用工(募集工)の韓国大法院判決に関わる問題に対し、日本側が謝罪をすれば賠償要求を撤回するという案が水面下で提示されていたとの報道がありました。
水面下での提案ということで詳しい内容は分かりませんが、韓国政府がこのような提案し日本側が拒否したとのことです。

一見、謝罪1つで事態が収まるのなら、この条件を呑めばいいじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、これは絶対に呑める条件ではありません。
そもそも、なぜ韓国政府が賠償金の撤回などといった言及をするのでしょうか?
韓国大法院の判決はあくまで個人に対する賠償であり、その判断を下したのは司法です。
韓国政府が、賠償要求の撤回などできるわけもありません。
徴用工・募集工の問題を国内問題として、賠償金を肩代わりするという提案なら分かりますが、そもそも賠償金を撤回する権限は韓国政府にないのです。

では、仮に日本側がこの要求通りに実際に謝罪したらどうなっていたでしょうか?
まず単純に、賠償要求の撤回はされないでしょう。
徴用工(募集工)についての原告団は、この問題に対しかなり強行の姿勢を見せているので、韓国政府が賠償要求を撤回しろと言っても応じない可能性が高いと思われます。
そしてそもそもの問題として、韓国政府は日韓請求権協定で自国で徴用工・募集工の問題を解決すると約束して経済支援を受けたのにもかかわらず、その約束を破ったから現在こんな事態になっているのです。
そんな約束を破った韓国政府をどうやって信用しろというのでしょうか?
さらに現在の韓国政府は、慰安婦合意も一方的に破棄状態にしていることも見逃せないポイントです。

こんな韓国政府が行うあり得ないような提案なんて、日本側は呑めるはずがないのです。

以上、報道の信ぴょう性は分かりませんが、あまりにバカげた韓国側の提案だったので記事にしてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました