日本の従軍慰安婦は正しい政策だった? 戦地における女性の性利用問題を考える

歴史
この記事は約5分で読めます。

ここ最近、徴用工問題にばかり注目が集まっていますが、日韓関係における1番の懸念事項はやはり慰安婦問題です。
そこで今回は、慰安婦問題を取り上げたいのですが、この問題でよく取りざたされる慰安婦の募集に日本の軍が直接的に関与したのかという話は、両国が長年話し合っても結論の出ていない問題なので、ここで論じても意味はありません。
今回考えていきたいのは第二次世界大戦当時における、兵士(男性兵士)の性に対する全体的な問題です。

最近の戦争は、戦闘機や巡行ミサイルでの爆撃が主体で地上での作戦は規模が小さくなっていますが、当時は多くの兵士が戦地に赴き長期間(数年間)の地上戦を行うのが当たり前でした。
この長期間の地上戦を遂行する際における兵士(男性兵士)の性の問題は、当然大きな問題となり、第二次世界大戦当時はどの国も何らかの方法でこの問題を解消していました。
その方法は大きく分けて以下の3つになります。

・レイプ型
・自由恋愛型
・慰安所型

慰安所型は、更に民間人が営業する私設型、軍などの行政機関が営業する公設型に分けることができます。
では、この3つの方式を簡単に説明をします。

レイプ型:戦地の女性をレイプする。(場合によっては殺害も)
自由恋愛型:個人の自由意志(そういう建前)のもと、戦地に赴いた女性や現地の女性と性交渉(実質的に売春行為)を行う。
慰安所型:民間または行政(主に軍)などが管理した女性が戦地に赴き売春行為を行う。

全てダメだという話は一旦置くとして、この中でどれが正しい対応だったのでしょうか?
レイプ型が論外なのは当たり前ですが、自由恋愛型と慰安所型についてはどちらが正しい対策だったのか一見わかりづらいところがあるので説明していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました