日本政府が韓国をホワイト国から解除しようと考えたきっかけと決め手を考える

経済
この記事は約4分で読めます。

ここ最近、日韓関係が悪くなったきっかけ、あるいは日本が韓国に対して態度を硬化させたきっかけが、2017年9月に行われた日米韓首脳会談で文在寅大統領が『日本は韓国の同盟ではない』と発言したからであるとの報道されるようになってきました。
このことについて少し考えていきたいと思います。

そもそも日本が韓国をホワイト国に指定している理由は何でしょうか?(今日からホワイト国のことをグループAと呼ぶらしいが、当記事ではホワイト国で統一する)
おそらくその理由は、北朝鮮、そしてそのバックにいる中国との軍事的懸念に、日韓が協力して対処していくという発想から来ているのでしょう。
また、日韓は直接ではないもののアメリカを介した三角同盟の関係にあり、日米韓3か国の協力体制も日本が韓国をホワイト国に指定する理由になっていると思われます。
こういったことが、日本がアジアで唯一、韓国だけをホワイト国に選んでいる理由なのです。
ハッキリ言って、韓国は日本に対する友好的な国とは言えません。
むしろアジアの中でトップレベルに日本に対する感情が悪い国です。
そんな国を日本がホワイト国に選んでいるのは、あくまで上記したような特殊な事情からであり、単純な二国間の関係なら日本が韓国をホワイト国に選ぶことはあり得ないと思われます。

文在寅氏が韓国の大統領に就任したのは2017年5月で、間もなく上記した『日本は韓国の同盟ではない』の発言があります。
その後、文在寅大統領はひたすらに北朝鮮寄りの政策を実行していき、北朝鮮のスポークスマンとまで揶揄される存在になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました