日韓併合で韓国・北朝鮮が得た最大のメリットとは?

歴史
この記事は約4分で読めます。

物事には必ず光と影があるように、現在の韓国や北朝鮮が屈辱的だったと感じている日韓併合にも良い部分がありました。
その中でも、もっとも良かった点はロシアに支配されなかったことです。
当時のロシアは海洋進出を狙っていたのですが、西側はヨーロッパの強豪国がひしめいていたため、自ずとして東側に活路を見出します。
しかしロシアの東側の海は経度が高すぎるため流氷の影響で冬に港湾が使えなくなることもあり、自国の南に位置する朝鮮半島は是が非でも欲しい場所だったのです。
そして事実として、ロシアは20世紀の初めに朝鮮半島へ向かって南下していました。

その結果が起こったのが日露戦争です。

万が一、日本がこの戦争で負けていたら、大韓帝国は間違いなくロシアの植民地になっていたことでしょう。
そして日韓併合期のロシア・ソ連の支配者は、主にレーニンとスターリンなのですが、スターリンと言えばヒトラー以上となる2000万人の住民を虐殺し、毛沢東に次ぐ世界第2位の大量虐殺を行った人とされています。
レーニンはスターリンがあまりに酷かったため良識人のように思われがちですが、実際はかなり数(数十万人)の虐殺を行っています。

現在の韓国人は、日韓併合を日本による極悪非道な行為だと批判していますが、レーニンやスターリンが国を治めていたロシア・ソ連に支配されたほうが良かったのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました