竹島の正しい取り戻し方を考える

政治
この記事は約3分で読めます。

今回は日本と韓国における大きな懸念の一つである、竹島問題について考えていきます。
過激な保守派の中には、竹島を取り戻すために日本は韓国と戦争をするべきだと主張する人もいますが、当ブログを見に来る懸命な方は、そんなことが危険極まりなく現実的でないことも理解していると思います。
万が一にもそんな行動をしたら、日本の国際的な扱いは一気に北朝鮮のようになってしまうでしょう。

やはり竹島問題は『国際司法裁判所』で争うことが本筋です。
しかし、普通に竹島問題について国際司法裁判所に訴えても裁判が始まることはありません。
なぜなら、韓国が国際司法裁判所で争うことを拒否しているからです。
日本は国際司法裁判所の選択条項受諾宣言をしており、他国から国際司法裁判所に訴えられることがあれば無条件で裁判を受け入れているのですが、韓国はこの選択条項受諾宣言をしていません。
おそらく、韓国にはよほど後ろめたいことがあるのでしょう。

では、どうやって韓国を国際司法裁判所の場に立たせるかですが、まず日本政府が韓国に対して竹島の領有権について国際司法裁判所に提訴した上で、この問題について裁判で争うことを強く訴えかけます。
当然、韓国側が応じることはありません。
その状況を踏まえ、日本政府は海上自衛隊の軍艦を竹島周辺に派遣させます。
先に国際司法裁判所に提訴しているので、この行動の意味を韓国側は自ずと分かるはずです。
これは日本側の本気度の現れとも言えます。

その上で、再びこの問題で韓国を国際司法裁判所に訴えます。
おそらく、それでも韓国はこの裁判に応じることはないでしょう。
そうなれば、今度は海上自衛隊の軍艦を竹島がもつ領海内(12海里内)の韓国側にまで侵入します。
竹島の領有を主張する韓国にとってこの行為は領海侵犯となり、攻撃対象にもなります。
しかし韓国も日本と戦争なんてそう簡単に出来るわけがないので、やすやすと攻撃は出来ません。
ましてや、自分たちに後ろめたさも残るような領土の係争地による争いで先制攻撃をしたとなると、国際社会は一気に韓国を見放すはずです。
もし実際に韓国側が攻撃してくるのであれば、それこそ韓国の不当性を国際社会に強く訴えるべきでしょう。

大切なことは、こういった争いが国際的な話題となることです。
竹島をめぐる日本と韓国の対立が国際的に大きな関心ごととなれば、韓国側も何らかの外交的な手段を取らざるを得ません。
日本側は一貫して国際司法裁判所で争うことを提案しているのですから、国際社会は『なぜ韓国側は国際司法裁判所で争うことを拒否しているのか?』という疑問を抱くはずです。
この雰囲気を作ることが大切なのです。
普通に考えて、国際司法裁判所での争いを拒否する理由は自分たちが問題行動をしているからであり、国際社会も当然そういった目で韓国を見ることになります。
それでもなお韓国が国際司法裁判所で争うことを拒否し続けるというのなら、それは自分たちが竹島を不正占拠をしていると言っているようなものです。

竹島の領有権問題は、国際司法裁判所の争いにまで持ち込めば日本が勝てる公算極めて高くなっています。
そしてこの裁判で日本側が勝てば、今まで日本の領土を韓国が不正占拠し漁業権を侵害していたということになり、その賠償金や謝罪要求などといった部分で韓国側に一気に攻勢をかけることが出来ます。
このような方法で竹島を取り戻すことができれば、第二次世界大戦後の歴史にいおいて、日本が加害者で韓国が被害者という国際的な認識を一変させることも可能となるのです。

もし万が一、裁判で負けた場合は、残念ながら竹島を諦めるしかありません。
それでもなお竹島を取り戻そうと行動するのなら、それはもう国際連盟を脱退し国際的に孤立していった戦前の日本と同じで、世界の批判は日本側に集まり戦後75年で築いた日本の国際的な信用を一気に失うことになります。
しかしそういったリスクを考えても、長期に渡って竹島が韓国に実効支配されている現状を考えれば、多少危険な方法を使ってでも韓国を国際裁判所に引きずり出すメリットはあるかと思います。

以上、ぜひ日本政府には上記の方法を検討していただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました