日本と韓国の防衛上の問題を1度冷静になって考えてみる

軍事
この記事は約4分で読めます。

徴用工(募集工)の韓国大法院判決、あるいは韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題以降、当ブログでは韓国に対して批判的なことを書いてきましたが、ここで少し落ち着いて日韓関係について考えていきたいと思います。

日本のネット上では、現在の韓国政権は社会主義政権であり、北朝鮮と赤化統一し日本の防衛線が対馬まで迫るとよく言われています。
こういった考え方のもと、朝鮮半島は分断していたほうが日本の国益に叶うなどと主張する人も多いわけですが、こういった主張はあまりにレベルが低いと指摘せざるを得ません。
もし日本が何らかの事情で国が分断して、隣国から『お前らの国は分断されていたほうが自国にとって都合がいいからそのままでいろ』なんてことを言われたら、とてつもなく腹立たしいことは誰にでもわかるはずです。

現在の韓国と北朝鮮は、休戦中とはいえ未だに戦争継続中であり、2010年代に入っても小規模な戦闘行為が発生しています。
そして戦闘行為が発生したときにどんなことが起きるかというと、

『最初に攻撃したのはお前たちだ!』
『いや、お前たちに責任がある!』

と、傍から見たら全く生産性のない言い争いを始めるのです。
戦争というものがこれぐらい滅茶苦茶なものであるというは、日本人でもなんとなく理解できるかと思います。
レーダー照射問題に代表されるような韓国が日本に対して行うあり得ない主張も、こういった背景があるものと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました