朝鮮人に対する従軍慰安婦や徴用工は本当に差別行為なのか?

歴史
この記事は約4分で読めます。

もし、現在の日本で沖縄県民や北海道民の人たちに対し、地域を理由に日本人扱いしなければそれは差別とみなされます。
日韓併合時代における朝鮮半島出身の人たちに対しては、地域を理由とした差別がなかったとは言えないでしょう。
この地域差別の観点から、朝鮮人の慰安婦問題や徴用工問題を考えてみたいと思います。

従軍慰安婦の制度ができたのは日中戦争が始まった1937年で、朝鮮人に対する徴用工は、1939年7月に募集型で始まり、1944年9月には徴用型(本当の意味での徴用工)になりました。
日韓の併合が1910年ですから、慰安婦や徴用工として朝鮮人が働きだしたのは、少なくとも日韓併合から27年が過ぎていた計算になります。
人間の人生で考えて、27年間がかなりの時間に相当することは想像にたやすいことです。

日本と大韓帝国が併合した1910年時点で1313万人だった朝鮮半島の人口は、1942年には2553万人とほぼ倍増、また平均寿命も大幅に伸びています。
つまり、1930年代後半における朝鮮半島の過半数以上の人は、日韓併合以降に生まれた人で構成され、ほとんど人は日本人として暮らしたほうが長かったのです。(参照:韓国人の平均寿命、70年間で42年延びる
日本と併合した以上、このような人たちを日本人として扱わないほうが差別的な行為と言えるのではないでしょうか?

では、日韓併合時代の地域差別問題について、慰安婦問題、徴用工問題も含め考えていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました