安倍首相の辞任と今後の日韓関係について

政治
この記事は約1分で読めます。

本日、歴代最長在位となった安倍晋三内閣総理大臣が辞意を表明しました。
健康面を懸念しての判断だそうです。
この件について、まずは安倍首相にお疲れさまでしたと言いたいと思います。

安倍首相は戦後の日本においてもっとも保守的な首相であったため、反日的な思想の強い現在の韓国政権とは反目しあい、今までとは違った日韓関係を築いてきました。
このことについては保守層が一定の評価を下す一方で、日韓関係における様々な問題を誘発したことも事実です。
また、森友学園、加計学園、桜を見る会などで起こった諸問題も踏まえて考えると、安倍首相に脇の甘い部分があったことは確かで、良い面と悪い面が両極端に出る総理大臣だったかと思います。

しかし重要なことは安倍首相が辞めることではありません。
次の総理が誰になって、どういった対韓国政策を行うかということです。
現状、自民党の次期総裁候補を決まっていないので判断のしようもないのですが、いずれにせよ日韓関係について何かしらの変化はあるでしょう。
今は期待半分、不安半分なのですが、誰が総理大臣になっても文在寅氏が韓国の大統領である限り、両国の関係が著しく良くなることはないかと思います。

以上、簡単になりますが安倍首相の辞任について感想となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました