世界中に衝撃を与えた文在寅発言! 完全にあちら側に行ってしまった韓国について

政治
この記事は約3分で読めます。

今月5日に韓国の首席補佐官会議で文在寅大統領が、北朝鮮と経済的に協力して日本に追いつくという発言を行い、世界に衝撃を与えました。

このことについて、日本の共同通信は、

北朝鮮との経済協力体制が確立すれば「一挙に日本の優位に追い付くことができる」

引用:「南北協力で日本に対抗」と韓国大統領 – 共同通信

と報じ、日本の報道は、基本的にこの共同通信の報道をもとにしたものとなっています。
実際に文在寅大統領が韓国語でどのように発言したのかよく分からないので、正確を期すため、いくつか韓国新聞社の日本語版サイトから同じニュースの同じ発言を引用します。

南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる

引用:文在寅大統領「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」 – 中央日報
※『日本経済に』は『日本経済の』の間違いと思われる

日本の経済がわれわれの経済に比べて優位にあるのは経済規模や内需市場で、南北の経済協力で平和経済を実現すれば、一気に追いつくことができる

引用:南北協力による平和経済実現で「日本に追いつく」=文大統領 – 朝鮮日報

以上が文在寅大統領が行った発言に関する報道で、共同通信で書かれていた発言とそう大きな違いはありませんでした。

この発言は、民主主義・自由貿易主義国家側の国々とっては大きな衝撃になったとでしょう。
ややもすれば、北朝鮮と一緒になって日本と敵対するとも捉えられる発言なため、今まで日韓問題にあまり関心がなかったり、今回の日韓関係悪化の責任をどっちもどっちぐらいにしか考えていなかった海外の人々も、この発言でほとんどが日本側の味方に付くと思われます。
北朝鮮は、ここ最近もミサイルを打ちまくっており、文在寅大統領の上記の発言があった翌日も短距離ミサイルを日本海に向かって打っています。
このような国と手を組み日本と対抗するということは、現在の国際的な枠組みを考えればあり得ないわけで、韓国はもはや『完全にあっちの側へついた』と見なされることでしょう。

問題は、この発言を聞いてもなお、韓国国民が反文在寅ではなく反安倍や反日本の運動をしていることです。
韓国という国が世界中のほとんどの国から見放される可能性があるというのに、何を悠長なことをしているのかと思います。
韓国国民はもっと危機感をもって行動をしなければ、本当に国家的危機にさらされるということを認識するべきです。
逆に日本側は、この発言を世界にもっとアピールして、日本側に正統性と韓国側の異常性を訴える必要があるでしょう。

何はともあれ、韓国国民が一秒でも早く目を覚まし、文在寅大統領打倒を目指し動き出すことを期待します。

そして、本当に韓国が北朝鮮と協力すれば日本の経済に追いつくことができるのかという問題については、次回の記事で書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました