文在寅大統領が新年記者会見で語った日本との関係は・・・

政治
この記事は約2分で読めます。

以前の記事でアンケート対象にした文在寅大統領の新年記者会見が本日実施されました。
この会見で、悪化の一途をたどる日韓関係について、文在寅大統領がどのような発言をするのか注目をしていましたが、結果は日韓関係に関する発言はほとんどありませんでした。
日本については、徴用工(募集工)の問題について日本政府の姿勢に不満を述べるに留まり、具体的な中身の話は行っていません。
また、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題については、一切の言及を避けました。

以下で示す私の作ったアンケートの選択肢では、1と3の中間程度の発言だったということです。

今回の記者会見における文在寅大統領の発言次第で、今後の日韓関係がある程度読めると思っていましたが、結局、日本についてほとんど発言はなく、今後の日韓関係はしばらく不透明な状態が続きそうです。
おそらく2019年の日韓関係は、現状程度の冷え込みが続いていくものと思われますが、アメリカ・韓国と北朝鮮との協議の進展次第では大きな動きがあるかもしれません。

それにしても、韓国側はレーダー照射問題の決着はどうつけるつもりなんでしょうか?
このまま忘れ去られるのを待つみたいな解決だけはないよう、日本政府にはしっかりとした対応をしていただきたいと思います。

【追記】
文在寅大統領の発言の全文を見たら、思ったより日本のことを(徴用工裁判について)長く話していました。
発言を要約すると、日本は謙虚に韓国司法の判断に従えということで、アンケートの答えは1だったようです。
これで日韓関係の悪化は避けられない状況になると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました