韓国企業を救うウルトラCを考えてあげたので直ちに実行することをお勧めします

経済
この記事は約2分で読めます。

韓国に対する日本の輸出優遇措置解除を受け、サムスン電子が日本に代わる部品や化学素材の調達先を探し中とのことですが、なかなか難航しているようで未だに良い調達先は見付かっていないようです。
これら問題を一気に解決できる策を考えたので、サムスン電子の経営陣はすぐに実行することをお勧めします。

その解決策とは、サムスン電子(もしくはサムスングループ)を日本に移転させることです。

韓国国内では、日本企業の製品が一部でも使われている物は不買の対象にしているそうですが、現在において大半の工業製品に日本の製品が使われています。
スマートフォンもテレビも車も、みんなどこかしろに日本の製品が使われていることでしょう。
ましてや今回のような製造時に使う化学素材まで含めたら、それこそ日本の製品が使われていない工業製品なんてないに等しくなると思われます。

日本企業の製品が使われている物を不買するということは、韓国はこれから先、工業製品を一切使わない農業国としてやり直していくということでしょうか?
そんな国に未来があるとは思えないので、SKハイニックスも現代自動車もLGエレクトロニクスも、みんな日本に移転したらいいかと思います。
具体的には、本社機能を日本に移し、韓国国内の工場は閉鎖、工場は日本でなく東南アジアなどの別の場所に作ったほうが人件費が安くて効率的でしょう。

日本に限らず、これから先の韓国では国家間で揉め事が起きた場合に部品調達が難しくなる可能性があります。
そもそも韓国は、どの国からもキャッチオール規制のホワイトリスト扱いされていませんし、北朝鮮と組んで日本と対抗すると宣言するぐらいですから、国際的に相手されなくなる可能性も小さくありません。
その点、日本は他国とも良い関係を築いていますし、自国の素材や部品メーカーも強いので安心して経済活動ができるはずです。

以上のように、経営者としては韓国を捨てて日本に限らず別の国に移転するのがが正しい判断なのではないでしょうか?
韓国企業の経営者は、ぜひ日本及び海外移転を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました