韓国海軍駆逐艦のレーダー照射映像公開から見える韓国政府の矛盾と日本政府の思惑

軍事
この記事は約4分で読めます。

本日、韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダーの照射問題について、レーダー照射を受けた海上自衛隊のP-1哨戒機の映像が公開されました。

↓公開された動画

今回公開された映像を見ると、韓国側が今までしてきた説明に嘘があることがわかります。

まず、『波が高かったため、(通常は使わないはずの)火器管制レーダーを使って遭難した北朝鮮船舶を探した』という韓国側の主張には明らかな矛盾があります。
映像を見ればわかる通り、当時の天候は穏やかで波が高い状態ではありません。
そしてそもそもの話として、探していたとされる北朝鮮船舶は既に見付かっており、韓国海洋警察の救難船が救助活動を開始しているか、もしくは終わっている段階となっていることが確認できます。

目視で確認できる船舶を探すために、火器管制レーダーを照射する必要がどこにあるのでしょうか?
全く別の位置にいる、空を飛ぶ哨戒機に当てられた火器管制レーダーが、北朝鮮船舶を見付けるのに役に立つのでしょうか?

韓国政府は今回の問題を否定したいのなら、こういった疑問について説明をしなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました