韓国が日本に対して強い態度に出れる本質的な理由とは?

歴史
この記事は約2分で読めます。

現在、日本と韓国との間において防衛上の激しい対立が起こっていることは皆さんご存知のことでしょう。
韓国側に非があることが明確なレーダー照射問題でも、韓国政府は日本の行為の方に問題があると主張し、謝罪を求めるという滅茶苦茶な行為に出ています。

なぜ、現在の韓国政権は日本に対してこんなにも強い態度をとれるのでしょうか?

日本と韓国は、第二次世界大戦以前の歴史における被害者と加害者という関係だからと思っている人もいるかもしれませんが、そんな理由ではなく、日本と韓国の間にはもっと明確で現実的な防衛に関わる問題があります。
今回は、この日本と韓国における防衛上の考え方の相違について考えていきましょう。

現在、韓国の防衛線は38度線といわれる北朝鮮との国境にあります。
もし韓国が中国や北朝鮮の陣営に入れば、この防衛線が日本との国境に変わるわけですが、どのみち韓国は国際的争いの中の最前線に立たされます。
つまり韓国は、アメリカ側に付こうが中国側に付こうが防衛上大きな違いはないわけです。(米中の軍事力に大きな違いはあるが)
むしろ海がある分、中国側の陣営に入った方が国防を行いやすいとすら、現在の韓国政府は考えているかもしれません。
少なくとも、日本では考えられないような親北朝鮮派という勢力が存在する理由は十分にあるわけです。

一方、日本は米中新冷戦と言われる現在の国際状況で、韓国が中国側に付いてしまえば防衛線が一気に日韓国境まで近づき、防衛上大きな不利益を被ります。
これが防衛上の問題で韓国が日本に対して強く出てくる理由です。
正確には日本が強く出れない理由と言ったほうがいいかもしれません。

そもそも朝鮮半島における混乱は、かつての冷戦時代に始まり実際に戦争も起こりました。
アメリカを中心とした民主主義とソ連を中心とした共産主義陣営の二大勢力が激しく争った冷戦構造の中、朝鮮半島で代理的な戦争が行われ、韓国はこの二大勢力の最前線に立たされたわけです。
現在はソ連の代わりに中国とアメリカが激しく争っているわけですが、韓国の状況は旧冷戦時代と大きく変わっていません。
そして、韓国がアメリカを中心とした民主主義陣営に入っていることの最大の利益を得ている国は日本と言えます。
米ソ冷戦、米中冷戦いずれの国際状況の中でも、地理的に韓国は日本の楯になってきたわけです。
このことは、いくら日韓関係が悪くとも曲げられない事実です。
このように、日本の平和が韓国の犠牲の上にある部分は否定できず、現在の日韓が防衛上の問題で揉めることにも大きく影響していると思われます。

現在の日韓関係における様々な懸念から過度に関係悪化を煽る人が増えていますが、こういった国際情勢の難しさは、日本人が絶対的に考えておかなければならない点だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました