なぜ日本では少女時代よりKARAのほうが人気があったのか? K-POPブームに見る韓国社会の問題点

社会
この記事は約5分で読めます。

2019年も半分が過ぎた今日にする話題ではありませんが、今回は日本でK-POPブーム(2010年から2011年のK-POPブーム)を巻き起こしたKARAと少女時代を通じて、韓国社会の問題点を探っていきたいと思います。

まずは、KARAと少女時代について少し説明します。
KARAと少女時代は、共に2007年にデビューしているのですが、デビュー当初から注目されていた少女時代と比べ、KARAはほとんど注目されておらず音楽賞の新人賞にノミネートすることすらありませんでした。
更にKARAは、デビュー翌年にメインボーカルのキム・ソンヒ が脱退してしまい、1年ほどまともな活動できない状態が続きます。
一方、少女時代は、ライバル的存在だったWonder Girlsがアメリカへ本格的に進出したことで空いたNo.1女性アイドルグループの座に見事収まり、誰もが認めるの存在へと成長しいます。

KARAも新しいメンバーを加え再活動を始めますが、少女時代との間についてしまった差を簡単に埋めることなどできるわけもありません。
2009年の夏には、日本のデビュー曲にもなった『Mr.』の腰振りダンスが話題となり人気は上昇しますが、それでも少女時代との人気には大きな差がありました。

こんな2つのK-POPアイドルグループですが、日本での人気は逆転し、KARAのほうがより高い人気を得ることになります。
そもそも2010年に始まるK-POPブームはKARAから始まっており、KARAがいなければ少女時代が日本で流行ることはなかったでしょうが、少女時代がいなくてもKARAは日本で流行ったものと思われます。
このようにK-POPブームの主役がKARAだったことは疑いようもないのですが、韓国人は国内で大きな差のあったKARAと少女時代の人気が、日本で逆転している現象に相当の不思議を感じたかもしれません。

では、なぜKARAは日本人にあんなにも受け入れられたのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました