事実よりも自分たちの希望的観測を信じる韓国人について

社会
この記事は約2分で読めます。

日本の新型コロナウイルスが激減したことについて、韓国人が日本のPCR検査が有料化されたからだと信じている話は以前書いたとおりです。

PCR検査の有料化という嘘情報を信じる韓国人について
日本の新型コロナウイルス感染状況は著しく改善し、昨日の東京の新規感染者数は9人でした。 この日本の新型コロナウイルス感染状況について、韓国では“おかしな話”が広がっていると聞きます。 その“おかしな話”とは、日本政府がPCR検査の費...

結局、この話は嘘だと判明し、韓国内で日本のPCR検査有料化という説はトーンダウンしていきます。

その後、韓国人が何を言い出したかというと、日本が感染者の数を誤魔化しているという説を唱えはじめたのです。
そもそも感染者数を操作するのならいつでも出来たわけですが、なぜ今なのでしょうか?
選挙があったためと言う人もいますが、日本が感染者数を本当に操作したかったのはオリンピック前でしょう。
日本の新型コロナウイルス感染者はオリンピック前から急激に増え始め、国内ではオリンピック中止論が巻き起こります。
最終的に無観客として開催されましたが、チケット収入がなくなり日本は大きな損害を負うこととなりました。
感染者数の操作をしているのにオリンピックの期間中が感染のピークだなんて、そんなバカな話はありません。
こういった事情からか、結局この節も韓国内で下火となっていきます。

そして現在の韓国内では、日本のPCR検査はデルタ株を検出できないという説が“流行”しているようです。
ここまで来ると、さすがに呆れて物が言えません。
仮に日本のPCR検査がデルタ株を検出できないのなら、今年の春から夏にかけての感染拡大はなんだったのでしょうか?

日本の新型コロナウイルス感染者減少について韓国国内で起こっている論調が意味することは、“韓国人が自分たちの希望に合った考えをしている”ということです。
現実で起こっている事実や実証されたデータを見ずに、自分たちの希望で物事を語るのが韓国人の特徴と言えます。
これがネット内でのしょうもない話で済むのならいいのですが、韓国ではこういった思考が政治にも司法にも影響を与えています。
結果、事実を伴わないような歴史観をもって日本との関係を築き、慰安婦問題、徴用工・募集工問題、旭日旗問題などという問題が、戦後数十年も過ぎてから出てくるわけです。

これは対日関係だけではなく韓国国内でも問題になることですが、少なくとも国際的な舞台では自分たちの希望的観測よりも事実を伴ったデータを信用してもらいたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました