韓国の慰安婦支援団体に感じる矛盾と違和感

社会
この記事は約4分で読めます。

2017年7月、韓国における慰安婦支援団体の中心的存在だった『韓国挺身隊問題対策協議会』と、日韓慰安婦合意無効を掲げて2016年6月に発足された『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団』が合併し、『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯』(以下、正義連)が結成、より強固な慰安婦支援団体となりました。
この正義連の目的は、定款にこう書かれています。

第2条(目的) 財団は日本軍‘慰安婦’と呼ばれる日本軍性奴隷問題の罪を認め、真実の究明、公式謝罪、法的賠償、責任者の処罰などによる正義のある解決を成すことで被害者たちの名誉と人権回復に寄与し、歴史教育、記念事業など、未来の世代に対して、日本軍性奴隷問題を正確に記憶する。さらに武力紛争および戦時の性的暴行被害の再発防止および戦時の性暴行被害者の人権回復に寄与することを目的とする。

引用:http://womenandwar.net/kr/introduce/history/#1518015907704-e562e1dd-2d72(日本語訳)

以上のように慰安婦支援団体である正義連の目的は、慰安婦問題に対する日本への責任の追及と共に、日韓関係だけに捉われず、戦時における女性に対する性暴力という問題について被害の防止や被害者救済を謳っています。
そしてこの戦時における女性の性被害という全体論のもと、本来関係のない他国や国際社会にも慰安婦問題を訴えかけているのです。

であるのなら、当時同じような境遇だった日本人の慰安婦に対しても救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました