日本と韓国はライバル? 自分の立場を常に読み間違える韓国について

経済
この記事は約4分で読めます。

韓国の人は日本のことを過度にライバル視していますが、そもそも日本と韓国はライバルと言える関係なのでしょうか?
このことについて、いくつかの項目に分けて考えていきます。

まずは、国力をもっとも表す経済力について見ていきたいと思います。
2018年のGDPランキングは、以下で示す通りです。

1位:アメリカ(20,494,050)
2位:中国(13,407,398)
3位:日本(4,971,929)
4位:ドイツ(4,000,386)
5位:イギリス(2,828,644)
6位:フランス(2,775,252)
7位:インド(2,716,746)
8位:イタリア(2,072,201)
9位:ブラジル(1,868,184)
10位:カナダ(1,711,387)
11位:ロシア(1,630,659)
12位:韓国(1,619,424)
13位:スペイン(1,425,865)
14位:オーストラリア(1,418,275)
15位:メキシコ(1,223,359)
16位:インドネシア(1,022,454)
17位:オランダ(912,899)
18位:サウジアラビア(782,483)
19位:トルコ(766,428)
20位:スイス(703,750)
21位:台湾(589,391)
22位:ポーランド(586,015)
23位:スウェーデン(551,135)
24位:ベルギー(533,153)
25位:アルゼンチン(518,092)
※()内がGDPで単位は百万ドル

ご覧の通り、2018年の国別GDPランキングは日本が3位で韓国が12位となっており、その差は9位です。
数値的には日本は韓国の3.07倍のGDPを誇っています。

このことを考慮すると、日本と韓国の関係は、順位的には韓国と台湾、規模的には韓国とベルギーやアルゼンチンと同じような関係です。
もし現在の韓国国民が、ポーランド、スウェーデン、ベルギー、アルゼンチンのような国からライバル視されても意味不明と感じるのではないでしょうか?
そもそも、これらの国の経済なんて眼中にないとすら思っているのではないでしょうか?
韓国にライバル視される日本は正にこういった心境で、日本にとっては韓国の経済力なんて気に止めることもないレベルなのです。

韓国がどうしてもどこかの国をライバル視したいのなら、それはロシアやスペインなどに対ししていただきたいと思います。

続いてスポーツについて考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました