日韓関係が悪い理由は歴史問題にあらず!その原因とは・・・?

経済
この記事は約6分で読めます。

現在、日本と韓国の関係が良くないことは皆さんご存知かと思います。
日本と韓国の問題としてよく取り沙汰されることは、従軍慰安婦に代表される日韓併合から第二次世界大戦までの歴史問題です。

しかし、近年における日韓関係の悪化は、戦前の歴史問題ではないとここに断言します。

もし戦前の歴史に問題があるのなら、日韓関係は第二次世界大戦終結直後がもっとも悪く、時代が進むとともに良くなっていくはずです。
しかし実際はそのような推移を全く辿っておらず、日韓関係はむしろ現在がもっとも悪くなっています。
日韓関係の悪化が歴史問題にあると主張する人は、この矛盾をどうやって解決するのでしょうか?
慰安婦の問題も同じです。
そのような問題が実際にあったのなら、戦後まもなく大きな問題となり、徐々にその問題は沈静化していくはずです。
しかし慰安婦の問題が表面化したのは主に90年代以降で、あろうことにこの問題は日に日に大きくなっています。
従軍慰安婦の数が10人や100人なら、恥ずかしい行為だったため当人が黙っていたという話もわかりますが、韓国は朝鮮人の従軍慰安婦は20万人だったと主張しています。(当然20万人は誇張された数字である)
その慰安婦と家族・友人のほぼ全員が、戦後40年以上経った1990年代までこの問題を表沙汰にしなかったという理論はさすがに無理があると言わざるを得ません。
これも明らかな矛盾と言えます。
また、最近でも徴用工の問題が表面化するなど、日韓関係では明らかに歴史の流れに対して矛盾する問題提起が多々起こっているのです。

現在の日韓関係が悪い理由が歴史問題であると言うのなら、これらの矛盾を解決しなければなりませんが、それは不可能と言っていいでしょう。

では、現在、日韓関係が悪い理由はなぜか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました