旭日旗を問題視する韓国の矛盾と問題点(追記あり)

歴史
この記事は約6分で読めます。

FIFAワールドカップ2018ロシア大会で、日本人サポーターと思われる人物が旭日旗を掲げ、韓国で問題となっているそうです。
※旭日旗は、戦前の日本軍や現在の自衛隊が使う『朝日が登る姿を模した旗』のことです。

FIFAは、今回のワールドカップで参加国に対し過去最高の罰金を没収していますが(残り2試合の時点で)、旭日旗に関しては何ら問題になっていません。
それはある意味当然で、旭日旗は世界の国のほとんどが承認している現在の自衛隊も採用している国際的に認められた旗なのです。
しかし一部の国では、戦前の日本軍が使用していた旭日旗に対し嫌悪感を感じるとして、問題視してくることもあります。
特に旭日旗の問題を指摘するのが韓国で、旭日旗に似た模様が見えただけでも過剰に反応してきますし、この問題が挙がると必ず、

『ユダヤ人がナチスの旗であるハーケンクロイツを見たらどんな気分になるか考えろ!』

との主張を展開してきます。
つまり、旭日旗と韓国人の関係はユダヤ人とハーケンクロイツの関係と同じであり、旭日旗も戦犯旗として国際的に抹殺しなければならないというわけです。
この主張には大きく2つの問題があります。

1点目は、韓国(韓国人)が旭日旗を問題視してきたのが近年であるという点です。

(旭日旗が旧日本軍の軍旗として使われていた)日韓併合時代の韓国人が、本当に旭日旗に対し強い嫌悪感を感じていたというのなら、旭日旗が自衛隊旗として再び採用された1954年に国際的な大問題になっていたはずです。
その時点では日韓併合時の時代を知る人は多数生きていたはずですから、(旭日旗に問題があるのなら)今以上の問題になって当然でしょう。
しかし、旭日旗の問題が大きく取り沙汰されるようになったのは、日韓併合時代に生きていた人たちがほとんどいなくなった2000年以降の話です。
具体的には、2011年のサッカー・アジアカップ以降から、旭日旗の問題が韓国で取り上げられるようになりました。
2011年のサッカー・アジアカップで日本と韓国が戦った際、韓国人選手が猿真似をして日本人を侮辱し大きな問題になったため、その対抗処置的に韓国人が旭日旗を問題にし始めたのです。(そもそも見た目的に大きな違いのない日本人を侮辱するパフォーマンスが猿真似という時点で理論崩壊しているが)
実際問題として、日本が1980年、韓国が1990年から参加しているアメリカ軍主催の環太平洋軍事演習(通称:リムパック)では、海上自衛隊が掲げる旭日旗が問題視されることは2011年以前にはありませんでした。
これは明らかな矛盾であり、当ブログでも再三指摘している点です。

2点目は、日本軍と韓国人・朝鮮人の関係と、ナチスとユダヤ人の関係があまりにも違いすぎるという点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました